株式会社 丸水長野県水

冷凍食品事業部 長野冷食グループ 営業1課所属 Dさん

冷食Dさん 写真

1.自分の仕事を簡単に説明してください

冷凍食品やアイスクリームを量販店に配送・納品・店頭への商品陳列までを行っています。
また、現在は量販店の営業窓口として、各メーカーとの新商品提案(試食会)やバイヤー様との商談を行っています。

冷食Dさん 写真2

2.入社動機は何ですか

学生時代に飲食店でアルバイトをしたり、親しい友人の実家が農家であったりと、元々“食”に携わる仕事に興味がありました。
その中で、当社のホームページを見て生産者・メーカーと消費者の中間に位置して
いる卸売業に従事したいと思い、この会社を選びました。

3.仕事をしていてやりがい、喜びを感じることはどんなことですか

人と接する仕事であることにやりがいを感じます。人と接する中で、「お客様の望
んでいること」、「お客様の考えていること」等に応えられ結果がでたときに喜び
を感じます。

4.入社した頃と自分が変わったと思うことはどんなことですか

業務への不満等があっても、改善案を考えず文句を言っていることがありましたが、何もしないで文句を言っているだけではダメだと気づきました。
この気づきから、他の人の仕事を参考にし、前向きに改善案を考えられるようになりました。また、半年前から量販店の営業窓口を任せられ、より仕事に対する責任感が増しました。

5.今までに苦労したことは何ですか。またそれをどうやって克服しましたか

量販店の営業窓口を任されたときは、「メーカーとの商談やお客様(バイヤー様)との商談」経験がなかったので、とても不安でした。
この時は、先輩から経験談や商談方法を聞いたり、自分自身で“営業力を高める方法”を調べ克服しました。
また、お客様との商売において友好関係を築くのにも苦労しましたが、自分の方から積極的にコミュニケーションを取って相手を知ることに努めました。

6.先輩や後輩との関わりで印象に残っていることはありますか

入社した頃はトラックの運転に困りました(車輌が高くて大きいので、車輌間隔が掴めない、内輪差がある等)。
そのような中、当社にはヘルパー制度(入社後1年間はヘルパーに任命された先輩社員が教育する制度)があり、まずは当社敷地内で運転練習を行い、公道に出る際は助手席に先輩社員が同乗して、運転技術や得意先での納品方法等を教えてくださり、徐々にトラックの運転に慣れることができ、3ヶ月後には一人で配送に行けるようになりました。ヘルパーの先輩には感謝しております。

社員インタビュー一覧

ページトップへ戻る